フラコラプラセンタ原液はむくみにも効果的?むくみサプリとの併用方法と効能

フラコラプラセンタ原液に配合されている成分

点滴も効果的ですが、フラコラプラセンタ原液は透明感、肌のハリや案力、エイジングケアに効果的な美容液です。
肌の弱い人にとっては、配合されている成分も気になりますよね。
私も肌が弱く、化粧品によってはぬった瞬間から、肌がピリピリしたり赤くなって炎症したりと色々トラブルも体験してきました。
人によってお肌の状態は違いますし、その化粧品があうあわないもあります。
フラコラプラセンタ原液にはどんな成分が入っているのでしょうか?
フラコラプラセンタ原液の成分について詳しく調べてみました。

フラコラプラセンタ原液の成分

フラコラプラセンタ原液は100%プラセンタ原液なので、肌にそのままパワーが届きます。
フラコラプラセンタ原液の成分は公式ページに表示されています。

水、プラセンタエキス、BG、プロパンジオール、フェノキシエタノールです。
もっと詳しく解説していきます。

水・・原液100%なのに水ってことは、水で薄めているの?と感じませんか。でも、そういうわけではありません。
プラセンタエキスを独自製法により水抽出しているため、お肌になじみやすいのが特徴なのですが。成分の水はこの抽出の時の水のことを示しています。
抽出する時に、元々プラセンタエキスに含まれているものです。
だから水で薄めている訳ではないのです。

プラセンタエキス・・プラセンタは胎盤から有効成分を抽出した胎盤エキスの事で、それをプラセンタエキスと呼びます。プラセンタには、様々な栄養分が含まれています。
アミノ酸、タンパク質、脂肪酸、糖質、ミネラル、ビタミンなど人間に必要な栄養素がたっぷりなのです。

BG・・多くの化粧水に含まれている成分のひとつで多水アルコールのこと。抗菌性高く高い保湿効果を持つ

プロパンジオール・・トウモロコシなどを発酵させることで作られる成分。ノンケミカルで保湿力が高い。

フェノキシエタノール・・天然由来で高い保湿と殺菌効果を持つ成分

フラコラプラセンタ原液の品質へのこだわり

フラコラプラセンタ原液は高品質にこだわっています。それは以下の通り。

・無香料
・無着色
・パラペンフリー
・界面活性剤不使用
・鉱物油不使用

特にプラセンタ独特の匂いについて、どうしても抵抗を感じる方のために、香辛料を使うことなく独自の方法で出来る限り、匂いを抑えています。
口コミを見ても、ほとんどの方は匂いを感じないと答えていて、私も匂いが気になることがありませんでした。
化粧品において、匂いは非常に大切です。自分の気にいらない匂いを肌にぬるほど、苦痛なことはありません。
ただ人によって匂いの感じ方は様々です。かすかなにおいも敏感に感じる方はいます。
そういう人は、フラコラプラセンタ原液を化粧水に混ぜて使うといいと思います。

フラコラプラセンタ原液を作っている協和という会社は、安全と高品質を実現する研究開発と生産体制に取り組んでいます。
開発のプロセスでは、商品に関するすべてのことの最新の情報を入手し、お客さまの声からもニーズを把握して、新商品の開発に取り組んでいます。
そして開発された商品は、万全の品質管理で国内の生産工場で作られます。

成分であるプラセンタについて

成分のプラセンタについて、もう少し深く掘り下げてみます。
プラセンタは胎盤というのは、皆さんご存知の方も多いでしょう
胎盤は妊娠中にお腹の中の赤ちゃんに、栄養素を運ぶ大切な役割をしています。
赤ちゃんが元気で成長するためには、もちろん栄養成分が豊富でなければなりません。

こういった成分は女性の天敵であるむくみにも非常に効果的だと言われています。

むくみを改善することによって、体調も非常に良くなりますしむくみは簡単に改善できるのです。
その際に重要なのがむくみサプリを併用するということ。

フラコラとむくみサプリを同時に活用することで効果を最大限まで上げることが可能になるのです。

むくみサプリの専門サイトにはこのように記されています。

むくみ解消や予防グッズならまだ、『使ってみたけど効果がなかったなぁ。楽にならなかったなぁ。』ですみます。

しかし、むくみサプリは直接体内に摂取するもの。

成分に問題があるような悪質なサプリを飲んでしまうと健康事態に害を与えてしまう可能性すらあります。

ずばり、むくみサプリを選ぶ基準は3つです。

①むくみに良いとされる成分がしっかりと配合されている

②信頼できるメーカーが製造していて、品質・衛生面も安心できる

③成分に対して価格が高すぎず飲み続けられる価格であること

この3つの要素を満たしているむくみサプリを選らんで飲み続ければ、辛いむくみは必ず解消できます。

引用元サイト_むくみサプリ.jp公式

ここからもむくみサプリの必要性と大切さが分かるのです。

昔、赤ちゃんを産んだ後お母さんの回復のために胎盤を食す地方もあったそうです。
実はプラセンタの歴史は古く、クレオパトラやマリーアントワネットも愛用していたという話もあります。
プラセンタが食事の中からとることができれば、言うことはないのですが、残念ながら食事で補給することはできません。
最近では、サプリやドリンクで摂取する方法が、だいぶ普及しています。
協和でもプラセンタのサプリを、販売しています。

動物由来のものと植物由来のプラセンタ

プラセンタには大きく分けて動物由来のプラセンタと植物由来のプラセンタの二つがあります。
【動物由来プラセンタ】
動物由来のプラセンタは哺乳類の動物のものが使われます。
代表的なものは、馬、ブタ、羊、ひとです。

【植物由来プラセンタ】
植物由来のプラセンタは、ライ麦、とうもろこし、アロエなどに多く含まれます。
プラセンタは胎盤なのに、植物に含まれているなんて不思議ですね。
食物の胎座という部分が、プラセンタとして使われているのです。

食物由来と動物由来どちらも同じなのでしょうか?実は違います。
大きな違いはやはり胎盤ではないという事。プラセンタならではの成分が含まれていないのです。細胞に働きかける効果を考えても動物由来のほうが、断然効果があるのです。

フラコラプラセンタ原液のプラセンタは?

フラコラプラセンタ原液に使われているプラセンタは動物由来のプラセンタです。
SPF豚プラセンタのみが使われています。
SPF豚とはどんな豚なのかというと
・特定の病原体を持っていない
・無菌の農場で飼育されている
徹底した管理の元で飼育されているので、安全で高品質なのです。
豚のプラセンタの特徴は、適応率が高く吸収されやすいことです。このことからも美容に使われるプラセンタのほとんどは豚のプラセンタです。

まとめ

フラコラプラセンタ原液に配合されている成分をより詳しく調べました。
かなり高品質で安全な商品であることが、わかりますね。むくみにも効果的なのは嬉しいですね。
肌に直接つけるものだからこそ、安全で刺激が少ない、そして効果の高いものを選んでいくのが大切ですね。